12/1まで、Amazonブラックフライデーセール開催中!買うべきものをまとめました

プログラマーとエンジニアってどう違うの?どっちがいい?

プログラミングを勉強中だけど、プログラマーとエンジニアってどう違うの?どっちを目指したらいいんだろう。

この記事ではこういった疑問に答えます。

プログラマーとエンジニアの違い

結論から言って、「プログラム開発をする人」という意味ではどちらも同じです。
「プログラマー」と「エンジニア」でなにか明確な違いがあるわけではありません。

業種や会社の文化によって呼ばれ方が異なる、というだけですね。

と、この記事の結論はこれで終わってしまうので、もう少し深堀してみます。

「プログラマー」という呼ばれ方は主に「SIer」の業界で使われることが多いです。
一方で「エンジニア」という呼ばれ方は主に「Web系企業」の業界で使われることが多いです。

この「SIer」と「Web系企業」の特徴について簡単にご紹介します。

コラム:「SE」について
ちなみにネットで検索すると、よくプログラマーとシステムエンジニア(SE)との比較が出ますが、エンジニアとシステムエンジニア(SE)はまた少し違います。
SEとは、プログラムを書く人ではなく、ざっくり言うと「お客さんと話をしてプログラムの仕様を決める人」です。
よく聞く「エンジニア」とはまた別の職種になるので、一旦気にしなくても大丈夫です。

SIerの特徴

SIerとは、システムインテグレーション(SI)を行う業者(er)という意味の和製英語です。※システムインテグレーションとは、企業向けにシステムの構築を行うこと

つまり、企業からお金をもらってシステムを作る業者さんのことですね。

SIer業界では、下図のように役割分担がきっちりされていることが多いです。

SIerの縮図

「プログラマー」は、この役割の中の1つということですね。

Web系企業の特徴

Web系企業とは、自社開発したWebサービスを運営している企業です。
Yahooやメルカリといった企業が例にあげられます。AbemaTVを運営しているサイバーエージェントなんかもこのタイプですね。

この手の企業では、プログラミングをする人のことを「プログラマー」というより、「エンジニア」と言うことが多いです。(なぜか)

特徴としては、

  • 私服勤務
  • フレックスタイム制
  • リモートワーク推奨
  • 渋谷や六本木にオフィスをかまえている会社も多い
  • 新しい技術をすぐに取り入れる

というように、比較的新しい働き方を目指している会社が多いです。

Web系企業のエンジニアは、SIerのプログラマーと比較すると、より幅広い裁量が与えられることも多いです。

設計もするし、実装もする。
言われたとおりに作るだけではなく、どうしたら使い勝手のいい製品になるか、考えながら手を動かすことが求められます。

どっちを目指すべき?

最近、インターネットを中心に人気があるのはWeb系企業の方ですね。
新しい技術が学べる可能性も高いですし、自由な働き方ができ会社も増えています。

しかし、SIerが全く駄目なのかというと、そんなことはありません。
大規模な案件に参画できるチャンスはSIerの方が多いですし、顧客対応の経験が積めるのも魅力的です。

また、最終的にプロジェクトマネージャ(PM)やITコンサルタントを目指すのも、非常にやりがいがあります。
(大手企業のPMやコンサルは給料がめちゃめちゃもらえます。)

Web系企業にも良い会社・悪い会社がありますし、SIerにも良い会社・悪い会社があります。

自分のやりたいことを明確にした上で、しっかりと会社を見極めることが大事ではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です